大分県からの引越し見積もり|安くする方法

大分県から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、大分県から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

大分県から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

大分県から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
このページの下の方にある、各引越し先別のページからごらんください。

 

大分県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
大分県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
大分県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
大分県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、大分県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越しはそうめったにするものじゃないですから、引越し料金に定価とか相場ってあるんでしょうか?いくつかの業者に料金を聞いてから選ぶというのが賢い選択方法ではないでしょうか。一口に引っ越しと言っても、業者ごとに価格、サービスは違うので、実際に見積もりをしてみて初めて、安く引越しできる業者はどこか、サービス内容についても、比較検討することができます。引越し料金の見積もりは、ほとんどの引越し会社で行われています。引越し料金を見積もりしてもらうには、最近は、インターネットなどで簡単に依頼ができます。すると引越し会社の担当が来て、料金を計算してくれます。料金の算出方法については、だいたいどこでもいっしょではないかと思いますが、荷物が全部でどのくらいの量になるのか、大きな荷物があれば、搬出、搬入の方法も確認します。そして転居先までの距離ですとか引越し先の住居形態などもから当日の作業量などを計算して見積もりをしてくれます。見積を提出してもらったら、各社を比較して依頼する業者を選ぶのですが、−社くらい引越しの見積もりをしてもらうことで、サービス内容が同じようなものだったら、だいたいは安くて対応もよかった業者を選ぶでしょう。価格に差がなくてもサービス面を比較して選ぶこともできますので、やはり引越しの見積もりは数社比較をしてみることでお得に引越しすることができるようになりますね。

 

■引越しの見積もり比較
引越し会社を選ぶには、見積もりを比較するとよいです。引越し見積もりを比較するといっても、一体どんな点を比較すればいいと思いますか?もちろん何を比較するかといえば、まずは、金額を比較するのはそれ以外のサービス内容でも比べてみることが大切だと思います。例として、引越しの見積もりをしてもらった場合に、引越しプランが同じ場合でも、ダンボールやガムテープの他にも、布団袋とかハンガーボックスがあるかとか梱包材料はどうなのかといったことも、各社の見積もりを比べる際にはチェックポイントになります。また、引越しの見積もりをしただけで、何かプレゼント特典があるとか、というキャンペーン中だったりとか箪笥の中身をそのままでも運んでくれるというところもあれば、中身を出さなければ運べないというところもあります。引越しの見積もりは1社だけでなく、数社から見積書を出してもらって金額やサービス内容を比較してみるのがいいですね。複数の引越し会社の見積もりを比較することで、値段ではどの引越し業者が安くて、サービス面ではどこがよいのかといったことが、わかるので、お得な業者を選ぶことができます。ということですから、実際に、引越し会社によって見積もりはけっこう違うので、最低でも3社くらいは比較してみることがおすすめです。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金がどうなっているのかということについてなんですが、引越し業者の料金はどんなふうにきめているかといいますと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから成り立っています。最初に引越し料金の中の運送費ですが、運送費に含まれるのは基本的に運賃と作業料です。どのくらいの大きさのトラックが必要なのか、作業にかかる時間や引越し先の距離などによって引越し料金は変わってきます。大きなトラックが必要になれば当然引越し料金の金額は高くなりますし、もちろん、使用する台数が多くなるほど引越し料金は高くなりますし、そして、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金の金額は高くなりますし、つぎは引越しの人件費ですがされは作業員が何人必要かということで引越し業者のスタッフの数が多ければ多いほど引越し料金は増額になります。そのつぎは梱包費と交通費なのですけれど梱包費は梱包に使用するダンボールなどや梱包作業になります。交通費といいますのは、高速料金などですから使わなければかかりません。そして、保険料といいますのは保険の有無については注意しておきましょう。荷物の破損などのトラブルがあった際には保険があるのかないのかによって対応もかなり違ってきます。引越し業者の料金は主にこれらの合算になっています。最近は、いろいろなサービスがある業者も多いですから、よく比較をして選ぶとよいでしょう。

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しの見積もりがインターネットでもできます。引越しのオンライン見積もりってご存知でしょうか?これは、住所や引越し先や荷物の量などを入力することで、一回入力をするだけで、複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのがこのシステムを使う人が増えている理由です。沢山の業者に見積もりを実際にしてもらおうと思うとなかなか大変ですが、これを利用すれば、こちらからの連絡は一回でいいので、最近は人気があり、利用者も年々多くなっているようです。残念ながらこの見積もりを利用しただけでは、おおまかな概算がわかる程度のもので、正式に引越し料金を見積もりしてもらうには、引越し会社の営業担当が訪問をして計算して見積をしないとできません。ネットの一括見積を使う人が多いのは、自分で何回も引越し業者に見積もり依頼をしなくてもいいということで、各社の見積もり内容を比べることができるということです。多くの引越し業者を比較することによって安くてサービスもよい引越し業者がわかりますから、一番お得な会社を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は会社によってかなり違いますから、利用をする価値があるシステムではないでしょうか。

 

■引越し業者の種類
引越し業者の選び方について考えてみたいと思います。引越し会社といってもいろいろな引越し会社があります。例えばよく名前を聞くような、大手の引越し業社だったりその地域に強い中堅の会社もあるとおもいます。また、軽貨物運送業者の引越しもあると思います。引越し業社にはたくさんの会社がありますがどの引越し業者を選ぶのかは、自分の引越しに合わせて選べばいいと思います。例えば、学生などの引越しの場合では、レオパレスなどのような家具付きの引越し先に引越しをするという人もいると思います。そのような場合には作業員の人数も必要ありませんので、宅配便でダンボールをいくつか送れば済んでしまうこともあるでしょう。他にも、単身赴任の引越しの場合には、引越し業者や運送業者に単身用の引越しサービスが用意されていますので、そちらを利用すればスムーズに単身の引越しができるのではないかと思います。そのように引越し業社を選ぶには自分の引越しの内容を考えてそれに合ったもので考えるのがいいと思いますし、また、引越し料金は業者によってかなり違いますので、3社くらいの引越し業者に見積もりをしてもらって価格はもちろんなのですが、サービス内容についても違いを確認して、最も条件のよい引越し業者に依頼するのがよいですね。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者に引っ越しを依頼する場合には、自分の引越しのスタイルによって、それに合った業者やパックを選ぶのがよいでしょう。例として、一家そろって引越しをするような場合、家族の人数が多くなればそれだけ普通は、荷物も多くなりますので、引越しも大変です。子供がいる家庭の引越しも、大変ですよね。一家そろっての引越しの場合は、自分たちでできる作業の量や作業の範囲を考えて、引越し業者やサービス内容を選ばなければなりません。子供がまだ小さい家庭ですとか、お年寄りの方も一緒に引越す場合は、子供や、お年寄りの荷物の荷造りもしなければなりませんし、仕事をしている人は、仕事をやりながら、家の引越しの準備をするので、思ったように作業もはかどりません。こういう人の場合では、引越し業者を選ぶときにはお任せパックのような梱包も手伝ってくれるようなサービスのある引越し業者を選ぶようにすれば引越しをするのも安心なのではないでしょうか。また、単身での引越しの場合では、自分の荷物だけですから、大家族の引越しの場合と違って、それほど人手も必要ないのではないでしょうか。単身パックや一人暮らしパックがある引越し業者を選べばてっとり早く、わりと安い料金で引越しができると思います。一家そろっての引越しと違って、単身引っ越しはわりと簡単ですから、単身パックのようなサービスを選べば、難なく引越しも住んでしまうと思います。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングが掲載されているサイトがありますが、これから引越しをする予定がある人にはとても役に立つものではないかと思います。引越し業者のランキングでポイントが高いところは、対応の悪い業者にはあまりあたらないと思います。引越しの業者ランキングは、多数の引越し業者の見積もりを一括してできるようなサイトによくランキングが掲載されています。総合評価と項目別評価になっていたりして、引越し見積もりが安かったランキングですとか、サービスやアフターなどの対応がよい業者や引越し作業スタッフの態度やスピード、サービス全体などを見てポイントが高い業者順にランク付けされています。これから引越しをしなければいけない人にとっては、引越しはそんなに頻繁にしないからよくわからないという人が多いのではないでしょうか。そのような場合には、このランキングを参考にしてみると、信頼できる引越し業者がどこなのかがわかって便利だと思います。一括見積サイトに掲載されているのは、このサービスを通じてわりと正直な感想が書かれているものが多いので、比較的安心して信頼できる情報だと思いますから参考にするといいでしょう。

 

■引越しの追加料金
引越し業者を頼む場合には追加料金というのは基本的には、発生することはありません。引っ越し作業の契約において決めて契約をした料金が全てです。というわけで、当日になってから追加で料金が発生するといったことは通常は、ありえないのです。ただし、引越しの場合によっては、見積もり時に確認をした荷物の量や引越し先での搬入のしやすさなどの条件が見積もりをした条件と違っていて、追加料金が起きることもあります。見積もり時に確認した内容と違いもし、当日業者が乗ってきたトラックに荷物を積み切れなければ、もう一度往復したり、別のトラックを手配したりして引越しの作業が行われます。見積もり時に正確に自分が情報を伝えなかったことが理由で積み残しが当日発生してしまった場合では、引越しの追加料金が発生しても仕方ないと思います。また引越しの当日に引越し業者が家に行ったときに、まだ引越しの梱包が終わっていなくて梱包作業の大半を引越し業者にやってもらった場合などもそのための料金が追加されることもあります。どのような問題があったら追加料金が必要か見積もりの際に聞いておくと安心です。引越の作業を予定通りに順調に進めるためにも、追加の費用が必要にならないためにも、前日までに、荷造りなどの準備は完了しておくのがベストです。

 

■単身引越し
自分ひとりで引越しをする場合は、単身引っ越し向けのパッケージがあります。独身者や学生など、自分ひとりで引越しですと、家族の引越しとは全くタイプが違っていると思います。独身者の引越しの場合は、大型の家電や家具はないですし、荷物も一人分ですから、さほど多くないと思います。なので、単身の場合は、家族引越し向けのサービスにあるようなダンボールなど梱包材の無料サービスといったものもそれほど必要ではないでしょう。それよりも引越し作業の代金をできるだけ、安くしてもらったほうがありがたいという人が多いのではないでしょうか。単身の引越しの場合には、梱包も簡単でいいですし、荷物を運ぶ引越し業者のトラックの助手席に乗って行くことができるというサービスを行っているプランが一般的です。単身赴任や独身者の場合にはそれ用の、また、学生の入学などの場合にはそれに合ったような、引越しプランも商品化されていたりしますので、価格的にもお得になっていると思いますし、サービスもそれ用に設計されているので使い勝手もよいと思います。単身の引越しプランはほとんどの引越し業者であるのではないかと思いますので、一度比較してみて自分にとって一番都合のいいものはどれか最も自分にとって都合がいいサービス内容と料金のものを選ぶとよいです。単身の引越しは家族向けの引越しに比べてわりと安い料金で引越しできるでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
引越業者のサービスにらくらくパックというのがありますが、引越しのらくらくパックは、各引越し業者でもパンフレットにありますが、名前やプランの引越し内容は少々違っているかもしれません。例えば、ヤマト引越センターでしたら、引越しらくらくパックという名前ですが、日通ではゆうゆうこんぽとか言っていたと思います。松本引越しセンターはおまかせコースだったかという気がします。引越し業者が小物類の梱包も搬出も運送も運搬も、至れり尽くせりおまかせでできてしまう文字通り、らくらくに引越しができるサービス内容になっているのが、らくらくパックと呼ばれているものです。引越の作業を全て業者に任せることができるとはいうものの例えば、持っていくものと処分するものの整理などは、自分であらかじめしておく必要があります。引越しのらくらくパックの中で荷解きまで含まれているサービス内容であっても荷物を梱包から出して梱包材は片づけてくれますが、荷物の片づけなどは自分がしなければなりません。しかし普通の引越しのプランに比べると少々割高ではありますが、プロに任せることができるので引越しの際の負担が減ると思います。小さな子供がいる人などはなかなか引越しの準備が大変ですから、多少は料金が高かったりしても、その分の価値はあると思います。

 

大分県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
大分県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
大分県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
大分県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、大分県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
引越しを自分でやろうと思っている人も一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越しを自分でやってしまおうという場合のよいことや、反対に悪いところについて一応考えておくのももよいかと思います。最初に、自分で引越しをする場合のよいところとしてはやはり引越し屋さんの料金がいらなくなりますので、安く引越しができるということがあります。それから、自分で引越しをしたほうが気分的に楽なこともあるかもしれません。引越し屋さんを頼めば確かに楽ですが、初対面の引越し業者の作業員に、どうするのかいろいろと説明したり自分の荷物を運んでもらわなければいけませんから、気にする人の場合は気分的に楽ではないかもしれません。引越し業者を使わずに自分ですれば、友だち同士などある程度気心の知れた仲間なので、業者を頼む場合に比べて気楽にできるかもしれません。引越しを自分で行うと良いことばかりでなくデメリットもあります。自分で引越しをする場合の困ったところは後で考えてみると、引越し業者に頼んだ方が安かったということになってしまうかもしれません。仲間に引越し作業を手伝ってもらえば、それなりに食事をおごったりしますし、トラックなどを持っていなければレンタカー代もかかりますし、後から考えると引越しを業者に頼んだほうが安くついたということは多いようです。そして、引越しを自分で行うときには、引越し業者のように、プロが引越しを行うわけではありませんから、実際にはそういうことは多いと思いますが、荷物を壊してしまったり、アクシデントもいろいろとあると思います。現実にそういうこともあるので、引越し業者を使わない方法はメリットもありますが困ったことも起こりがちなので、そこらへんも考えたうえで決めるとよいかもしれません。

 

■引越しの手順
引越しはそう頻繁にするわけでないのでよくわからないですよね。やることがいろいろあってたいへんなのではありますが、引っ越し作業の準備から後片付けまでをスムーズにこなすには、まずはいつ引越しをするのか、引越しまでの段取りをしていくことなど、計画をきちんとできていることが効率よく引越しをするためには大切なことになります。引越しの手順がきっちりと計画されていれば、無駄なお金や時間を費やすこともなく、スムーズにに引越しが出来ると思います。とにかく、引越しの手順の第一歩は、引越し計画をきちんとつくってみましょう。引越しの日取りや引越し業者も手配しておかなければいけません。当日の大まかな時間配分なども計画しておきことが必要です。引越しのプランをきちんとつくっておくことで引越しが効率よく完了するかどうかは決まってくると思います。引越しの計画が立てられたらその後、いきなり荷造りを始めるのではなく、まずは必要なものと捨てる荷物を分けて、捨てるものは整理するという荷物を減らすことが必要です。ある程度荷物を少なくできれば荷造りもスムーズになります。このように整理をしておかないと、荷物の仕訳をしながら荷造りをすることになって時間を浪費してしまいます。無駄な時間を使わずに荷造りを終わらせるには、ある程度のいらないものを処分することが必要です。さて、引越し当日には、今までの家から荷物の搬出作業、新居に搬入して引っ越し後の荷物の整理というように引越し作業を行っていきます。それ以外にも、引越し前にご近所への挨拶や引越し先への挨拶などなにかと忙しいのでしっかりと手順を計画しておきましょう。

 

■引越しの計画
引越しでは計画をきちんと立てて行うことが一番大切だといわれています。この引越しの計画をしっかり立てておかないと段取りよく引越しを終わらせることができません。引越しを効率的にやってしまうためにも、あらかじめ引越しの計画をしっかりしょう。例えば、引越しをする日ですが、引越しにも繁忙期があります。春先の月月は転職や入学、就職によって繁忙期にあたりますから引越し料金の金額もアップしますし、アルバイトの作業員が多かったり希望の日に引越し業者を手配できないもともあります。なので、引越しの予定はできるだけ早めに決めておいてできるだけ繁忙期はやめておくほうがいいかもしれません。そして時間によっても違いがあります。引越し業者の料金は、時間帯が遅くなれば遅くなるほど値段は安くなるといわれていますから、自分がいつ頃引越しを考えているのか時間帯も早めに考えてくといいかもしれません。引越しの計画がある程度立ったら、次に引越し業者を数社選んで引越しの見積書を出してもらいましょう。各社から見積が出そろって比較ができれば引越し業者もおのずと決定されますので、大まかな引越しの計画が立つと思います。依頼する引越し会社と日が決まってしまえば細かい部分はおのずと決まってくるかと思います。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物は極力少なくしておくのがいいと思います。引越しというのは荷物を整理する絶好のチャンスでもあります。そして、引越しの荷物を荷造りする前に、事前にある程度持ち物の整理をしておくことで荷造りの作業も効率よくできるでしょう。手始めに、洋服をまずは整理しましょう。最近きていない洋服、古くて着なくなった洋服を整理することで引越しの荷造りはスムーズになります。そして引越しの準備をしている際に不用品もいろいろ出てきますが、不用品の処分方法についてですが、例えばリサイクルショップにもって行くのか、粗大ごみの処分はどこに持っていったらいいのか不用品の処分についてもあらかじめ仕分しておけば荷造りの時になってあわてなくてすむと思います。家電などは種類によって、リサイクル法で業者に頼んでリサイクルに出してもらわなければいけないこともありますから、必要な電化製品、もって行かない電化製品などの整理も事前にやっておくとよいでしょう。引越しの荷造りを始める前に荷物の仕分をしておくと荷物が少なくなった分だけ、少ない時間で荷造りの作業もできますし、引越しをすることが決まったら、なるべく早くから、持っていくものの整理に取り掛かるとよいと思います。

 

■引越しの荷造り
引越しの際にいかに荷造りを上手くやるかですが、引越しの荷造りの注意点としては梱包方法に注意してみましょう。最近は梱包まで請け負う引越し業者もいますが、自分で引越しの梱包作業をする場合には、ふさわしい方法が梱包するものそれぞれのによってありますから、それに合った方法で梱包します。皿やグラスなどワレモノの梱包の場合に、引越し業者がやってくれるなら、割れ物はやはり引越し業者やってもらうのがいいと思います。食器は強度によって梱包のやり方も違いますから割れないように梱包をしてもらうことがプロなら知っていると思います。もしも食器の梱包を自分でするなら割れないように十分に注意して梱包をしましょう。引越しの荷物には自分で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも紛失してしまったときに取り返しがつかなくなるような貴重品などは自分で持って行くべき荷物になります。例えば高い宝石や預金通帳、実印や株券、もちろん現金もそうです不動産関係の書類などは自分で持っていくのが安全です。荷物を運び込んだ後のためにも中に何が入っているかわかるようにダンボールにわかりやすく書いておいて、新しい家のどの部屋に持っていく荷物か書いておくと、荷物を片づける作業もはかどると思います。

 

■引越しの当日
引越し当日の作業については、引越し業者の人が来て荷物を運んでくれますが、自分たちは、自分たちなりにすることはたくさんあります。当然ですが、引越し業者の人に必要な指示をすることで、運搬作業も効率よくに進みます。特にば大きな家具などは最初に、どのように配置したいかを図を描いておけば、スムーズに大型家具を設置してもらえて便利かもしれませんし、もしもあらかじめ配置図を渡しておかなかった場合でも、作業をすながら適切に指示をしてあげれば効率よく引越しが進みます。引越しの当日は作業がスムーズに進むように、まずは大まかな当日の作業予定や終了時間確認、引越しのトラックの駐車スペースなどの確認をしておけば作業もスムーズに進むと思います。もしも特殊な物の搬送がある場合には、引越し業者に前もって確認をしてもし対応ができなかった場合には別の業者を手配しておく必要がありますのでそちらの手配も引越しの当日までにしておく必要がありますね。引越しの当日は荷物を運んでしまえば終わりだと、考えている人もいるかも知れませんが、決してそうではなく引越しの当日も引越し業者にいろいろと指示を出したりといったように、引越し作業がはかどるように依頼する側も引越し会社の作業員のお手伝いもしなければいけないので何かと忙しいと思います。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しの準備や引越し当日に必要になるものには何があるでしょう。荷物を梱包するあたりから準備を始めると思いますが、まず一番に段ボール箱が思いつくかと思います。もちろん、ダンボールは引越しにはなくてはならないものですが、一体どれくらいの数の段ボール箱が必要になるのかというと、人家族の場合でしたら箱くらいというように、よく聞きますから、そのくらいで考えておいてよいのではないでしょうか。段ボール箱は、引越しの業者を決めたときや事前に、必要数を無料サービスでくれるところがほとんどですから、自分で用意するということはないかもしれません。そして引越しの梱包に必要なグッズとして、プチプチみたいなクッション材的なものも必要ですが、これもわりとくれる引越し業者が多いですし、ガラスやセトモノなどを梱包するために使いましょう。それから、ワレモノを梱包する時には、新聞紙も要りますよね。食器類以外にも、新聞紙はなにかと梱包に必要になるので、ちょっと多めに用意しておいてもよいかもしれませんね。ダンボール箱をつくるためのガムテープも荷造り梱包のためには必要になります。また、荷造りにはハサミですとか、カッターナイフ、軍手もあると助かることが多いです。それから、荷造りしたダンボールなどに、引越し先のどの部屋に置くのかということを書くためにマジックも一本もっておきましょう。

 

■引越しと防震
防震対策を引越といっしょにやってしまうのは効率的ですね。最近の引越し業者では、阪神大震災以降、引越しの際に防震グッズを設置してくれることをオプションでしてくれたりするようです。免震シートや固定金具などいろいろなものを各引越し業者によってあるようですね。その中には、引越し先に家具を運び込んで配置したら地震があったのために家具を固定しておく転倒防止のためのグッズもあれば、家具の配置を行う場所に下に振動を吸収するようなシートを敷いておくものもあります。家具を全て配置し終わってから地震対策をしようと思ってもなかなか大変です。そういった金具やシートなどを探して買ってくるのも大変ですが、引越し業者に頼めば、すべて引越しの時に同時にやってもらえますから便利で楽です。このようなサービスは、各引越し会社によっても、やり方が違う部分もあると思いますし、それにかかる費用も違っていると思います。主な引越会社はホームページがありますので、そこに地震対策についてのグッズやプランなどが書いてあると思いますので、まずはそれを見てからサービスや料金を比べて見るとよいでしょう。引越は地震対策をするのにも都合がよい機会なのでできればやっておきたいことですね。引越し業者の方から必要以上に薦めるということはないと思いますからこちらの方から聞いてみるとよいのではないかと思います。

 

■引越しの各種手続き
引越しの際の電力、ガス水道などの手続きや電話の手続きについて忘れないように書いておきたいと思います。まず、同じ市内に引越す場合以外は、電話番号が変わりますから引越しが決まった時点でに電話をかけて移転や番号変更などの手続きをしておきます。電力会社には、電力会社のホームページなどに引越し手続きの窓口が書いてあるので連絡して、引越しをする日で止めてもらうようにします。新しい住所の電力会社にも、同時に、連絡して、引っ越し後、すぐに電気が使えるようにしておかなければなりません。ガスの引越しの際の手続きは、電気と同様に、連絡をして、それぞれ解約と新規申し込みの手続きをします。引越し先のほうの手続きでは、引越し先のガス会社の窓口に電話して、申込みをしておくと、引越しの日に、担当作業員が来て、検査をしてからガスが使用できるようになります。水道局のほうの手続きについては、電気やガスと同じく、引越し前に、連絡をして、退去日で止めてもらいます。そして引越し先にも同じく連絡をして手続きします。ライフラインや通信の手続きはこんな感じですが、これらの手続きに関しては、賃貸マンションやアパートに引っ越す場合は、不動産業者のほうで手続きをする場合もあり、自分でライフラインや通信の手続きをする必要ない場合もあり、また、新しく建てたばかりの家に引越す場合は、このほかの手続きが必要になることもありますので、不動産業者やライフラインの窓口で個々に確認をしておく必要があります。

 

■引越しの色々な手続き
引越しの手続きというのも、意外といろいろありますね。そして、役所での手続きといったことの他にも、例えば、新聞の契約をしている場合には、そして、銀行など金融機関の口座の住所変更もその他にも、保険もあります。住所変更をしておかなければならないことがあります。意外といろいろな保険に入っているもので、生命保険、自動車保険、火災保険や傷害保険、養老保険とか、学資保険とか契約をしている人は、それらも、忘れずに、住所の変更手続きをしておかなければなりません。あと、郵便局にも事前に届けをだしておかなければいけません。郵便物の転送は、郵便局に転居届の用紙がありますから、それを書いてだしておけば、旧住所宛の郵便物が送られてきた場合には、自動的に新しい住所に、配達をしてくれるようにしてくれますので、郵便局に引越しの手続きをしておくといいと思います。それから、携帯電話なども住所変更しておかないといけないですし、インターネットの回線の工事は、季節によっては込みあいますので、早めに手続きすれば、新居に入居をしてすぐにインターネットが使えるようになります。

 

■大分市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
大分市役所 〒870-8504 大分市荷揚町2番31号 TEL:097-534-6111(代表) 097-534-6119(時間外)

 

【電力】
九州電力 大分営業所 0120-986-504

 

【ガス】
大分ガス椛蝠ェ営業所 097-534-2211

 

【水道】
(大分市水道局)
中央料金センター電話(097)538−2416
東部料金センター電話(097)527−7171
西部料金センター電話(097)567−2355

 

大分県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
大分県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
大分県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
大分県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、大分県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド